2016年6月10日金曜日

【撮影時間帯別】渋谷を舞台にしたMVやアーティストの動画 


一年に一度ぐらいこんなことを書いてますけど、今回は時間別に紹介してみます。




【早朝】


たぶん3時から6時ぐらいまでの間に撮影したんじゃないかと思えるのは、懐かしい宇多田ヒカルさんのWait & See ~Risk~。2000年のMVです。
今はもう、すっかり変わってしまった建物も少なくないです。


宇多田ヒカル - Wait & See ~リスク~




【午前中から】


5月末に公開されたばかりのワールドオーダーHAVE A NICE DAYの渋谷バージョン。オリジナルは秋葉原が題材でしたが、なんでしょ、この渋谷版。やたらと明るくて宣伝くさいなと思ったら、東急電鉄の広告なんだそうです。どおりで109の入口も使えるわけだと納得しました。ファンとしてはトーンの違いに戸惑いますが、大人数のダンスは迫力あります。
たぶん周辺部は7時ぐらいから撮りはじめて、スクランブル交差点は11時ぐらいではないでしょうか。

WORLD ORDER "HAVE A NICE DAY " Shibuya Ver.





時間帯別とタイトルに入れておきながら、お昼までに撮影されたような動画はこの2本ぐらいしか見つかりません(笑) 

さすがに夜ならいっぱいあります。

【終電に向けて】


たぶんこれは夜の11時ぐらいからのゲリラ撮影じゃないでしょうか。
TOKYO HEALTH CLUBというユニークなグループ名の、公式MV。女性がパルコ横から宇田川通り、センター街に抜けを繰り返し、スクランブル交差点に向います。
ラップとは思えない繊細な音作りが、垣間見える曲ですが、映像もそう。特に映像的に凝っていないように見えて、とても計算されていて見事です。最後にドキッとします。

CITY GIRL / TOKYO HEALTH CLUB





Justin Tierneyさんという映像作家のTokyo Aglowという作品。2分すぎから、スクランブル交差点が出てきますが、もう圧巻。
駅に向う人、駅から出てくる人がこれだけ大勢いるということは夜の9時10時ぐらいでしょうか。上のCITY GIRLより早そうです。

Justin Tierney/Tokyo Aglow





【終電直後】


アイアンマン3などで知られるガイ・ピアースの2ndシングルMV。新宿と渋谷で撮られているようですが、渋谷スクランブル交差点のシーンは、終電直後のゲリラ撮影かも。山手線高架下の自転車置き場横に、タクシーを入れられるんだと驚いたり。

Guy Pearce/TASTE




【終電後から日の出まで】


渋谷で日中撮影しようとしたら大変ですよね。だから夜遅い時間になるのは理解できますが、だからってこのMVには驚きます。
欅坂46のデビューシングル「サイレントマジョリティー」は湾岸エリアも出てきますが、ほとんどが渋谷駅の東口と南側。これを見て渋谷だとわかる人は少ないと思いますが、全員で踊っているメインの撮影場所は、東口の工事現場。渋谷ヒカリエと渋谷駅に挟まれ、横を明治通りと246号線が通っている場所です。ここをステージにするなんて、アイデアですね。
そして山手線のホームや、西武百貨店のエントランス、桜通りまで短い時間出てきます。これは明け方、日の出時間までに終わらせないと撮れなさそうな映像です。
もちろん渋谷のシーンは複数日にわけて撮影したとも考えられますが、そうじゃないなら過酷な撮影を想像してしまいます。

欅坂46/サイレントマジョリティー



このシングルはいろんなバージョンが発売されていて、それぞれ渋谷川にメンバーが立った異なる写真が使用されています。
暗渠化されている渋谷川が地上に姿をあらわすのは、246号線の南側。今までこんなところを背景に使ったジャケットも、記憶にないです。











 株式会社イグジィット ウェブサイト


コメントを投稿