2014年10月31日金曜日

仕掛けが次々と。日本でもSELFIE(セルフィー)ブームが来るかも

画像:#PJ_GIRLサイト



「SELFIE(セルフィー)」は、昨年オックスフォード英語辞典が選ぶ2013年のWORD OF THE YEARを獲得したほど、英語圏で流行しているようです。セルフィーとは、スマホなどによる自撮りのこと。
アメリカではSNSで自分の写真をプロフィール画像やアイコンにしたり、投稿したりするのが当たり前だといいます。確かに仕事で関係のあるアメリカ在住の経営者家族は、自分たちの写真をバンバン投稿しています。

東南アジアでも、若者を中心にセルフィー棒というものが売れているそうです。渋谷のスクランブル交差点でも、外国人観光客が使っているのを見たことがあります。
マレーシアで大人気の「自撮り棒」(セルフィー)



ただSELFIEという言葉がメジャーになったのは、もっとセレブたちのアピール全開の写真が注目されたからではないでしょうか。
セルフィーから派生して、ヒップラインを強調して撮る「ベルフィー」というスラングも誕生しています。ベルフィーをトレンドにまでしたのは、キム・カーダシアンにレディー・ガガ、ビヨンセやリアーナですから表現みたいなもの。

日本でソーシャルメディアに投稿されている自撮りは、アイドルの生写真やモデルの現場写真的なもの。
一般人でもリア充的なシチュエーションのものはありますが、自分自身をメインの被写体にした気合いの入ったものは少ないのではないでしょうか。一般の、日本での自撮りはtwitterで[#セルカ]で検索するとどっと出てきますが、かなり若く顔のアップがほとんどです。

ところが海外のブームから1年遅れで日本でも、もしかしたらトレンドになるかもという動きが出てきましたよ。



「PEACH JOHN」がAKB48小嶋陽菜さんで仕掛けるセクシー系SELFIE



PEACH JOHNは、10月29日からSELFIEにフォーカスしたプロジェクト「#PJ_GIRL ― #PJ_GIRLから、女の子のトクベツな瞬間がはじまる ―」を始めています。セクシー系SELFIEがそのままPEACH JOHNのイメージになるぐらいに盛り上がれば、大成功でしょう。
#PJ_GIRL


まず、プロモーション動画の公開。このあとも続々登場するようです。




そして、コンテスト。「毎日1名、WINNERを発表 & 10,000円(JCBギフトカード)をプレゼント!」ということですから、豪華です。
instagramかtwitterで投稿だということですが、Facebookを避けてinstagramというところが上手です。今のところコンテスト向けに撮りました、という演出の投稿は少ないようですが「小嶋陽菜・マギー・大屋夏南の3人のPJミューズと一緒にMOVIEに出演できるかも!?」ということなので、アメリカのようなセレブ的な投稿だって来るかもしれないですね。




スタートトゥデイの「WEAR」から、「Pachil(パチる!) WEAR LIMITED」登場


まずWEARって何?という方は、以前書いたこちら記事を。
WEARで買いものは、どう変わる? O2Oは、どう変わる?


コーディネート検索サービス「WEAR」ですが、自撮りではなかなか全身を撮るのが難しいとか、ポーズが限定されるというという声があったそうです。
そこで登場したのが、「Pachil(パチる!) WEAR LIMITED」。ZOZOTOWN PEOPLEでも驚くほどオシャレなファッションピープル、それも一般人の人たちが自撮りしていますから、全身コーデを自由なポーズで撮りたいという根強いニーズはあってもおかしくないですね。
自撮り棒より、はるかにオシャレですし(笑)

画像:WEAR Pachilサイト


WEAR Pachil





どちらも、高感度で自分自身を見せるセルフブランディングをしている人たちにアピールする動き。ここ数年のハロウィンの盛り上がりを考えても、ソーシャルメディアでのSELFIEブームが日本でも来るかもしれないですね。


バナー:ウェブ、グラフィック、そしてソーシャルなつながりをデザインする制作会社です


コメントを投稿