2014年5月29日木曜日

ワールドカップ2014、渋谷では前哨戦が始まっている

ワールドカップ ブラジル大会の、予選は6月中旬から。日本代表 vs コスタリカ代表の前哨戦は6月2日。渋谷の街では、今週半ばになって、夜にはサムライブルーのTシャツを着た人を見かけるようになった程度です。

でもワールドカップに関連する企業プロモーションは、かなり熱を帯びてきましたよ。



◎マクドナルドは、5月27日からワールドカップメニューを投入


さすがにFIFAワールドカップ公式ハンバーガーということで、渋谷にある五店舗はワールドカップシフト。特に渋谷店と東映プラザ店は外壁や階段などまでワールドカップ仕様です。日本、ブラジルをはじめ、出場8ヵ国をイメージしたバーガーやサイドメニューを続々投入するようです。
マクドナルド ワールドカップキャンペーン

画像:ワールドカップキャンペーンの告知をするマクドナルド丸井店


画像:ワールドカップキャンペーンの告知をするマクドナルド東映プラザ店
27日から投入と書きましたが、2店舗では25日から先行発売が告知されていました。
渋谷店は、店頭や離れたスクランブル交差点で呼び込みもやっています。渋谷店だけのようですが、27日28日は特別価格のセットも出していました。ワゴンやマイクも使っていましたので、この場所では珍しく、かなりの力の入れ方です。

私としては、アメリカでブルーはダイエット食品やサプリメントに使う色。日本でも、やはり同様のメッセージを含んでいると思いますが、その影響が気になります。結果を知りたいところです。



アディダスは、109との連携プレイで攻める


アディダスは、ブラジルのファッションブランドとコラボして、ワールカップ記念コレクションを出しています。

画像:アディダスオリジナルスサイトのスクリーンショット

アディダス直営店は全面、SOCCER SHOP「KAMO」やSPORTS SHOP「GALLERY-2」はファサードが、all in or nothingのビジュアル。

画像:アディダスパフォーマンスショップ渋谷all in or nothingのディスプレイ


そして[adidas presents SHIBUYA GIRL'S ELEVEN CUP@109]という名称で、109とコラボしています。
「サッカー日本代表ユニフォームの女の子らしいかわいい着こなし」をテーマに渋谷109のショップ店員70人がコーディネート提案し、一般応募による投票で、渋谷のサポーター日本代表「シブヤガールズイレブン(SHIBUYA GIRL'S ELEVEN)を任命する。
画像:wwd japanシブヤガールズイレブン中間発表のスクリーンショット

アディダスは、この企画に参加する11ブランドとコラボした日本代表レプリカTシャツを発表。自社とコラボしたブランドで販売するということですから、ものすごい熱の入れ方です。今までワールドカッププロモーションで届かなかった層、もしかするとアディダスに興味なかった人たちにまで、波及するような勢いです。

27日に、109前のスペースで、このイベントをしていました。
「アディダスパフォーマンスセンター渋谷」と「109」は、横断歩道が隔てているだけの位置関係です。朝会場を設営している様子。そしてイベントが始まる前の投票や呼び込みをしている風景を、会場の左側から見たのがこちら。

画像:109シブヤガールズイレブン中間発表の会場設営


画像:109シブヤガールズイレブン中間発表前

このコラボは、とても強力に思えます。



キリンは、公園通りまるごとプロモーション?


パルコPart2だったところに、出来たばかりキリン一番搾りガーデン。オープンした16日の時点では、ワールドカップ仕様の商品が描かれているぐらいでした。
また公園通りは、こんなフラッグで占められていました。

画像:キリン一番搾りガーデンの壁面
画像:キリン一番搾りガーデン 公園通りのフラッグ


ところが今週26日の夜からだと思うのですが、サムライブルーカラーのライトで飾り付けられていてビックリ。

画像:キリン一番搾りガーデンのイルミネーション
画像:キリン一番搾りガーデンのイルミネーションとライトアップ

街路樹がライトアップされ、ボール状や植え込みにもイルミネーションが飾り付けられています。

これがどこまで行くのかと思うと、公園通りをずーっと下って行って、その入口まで。

画像:キリン一番搾りガーデンのイルミネーション公園通り
画像:キリン一番搾りガーデンのイルミネーション公園通り入口


たぶん公園通りのイルミネーションも、キリンのプロモーションでしょうね。公園通りまるごと、[キリン一番搾りガーデン]への誘導路になっているみたいです。



来月、予選が始まったら、さらに加熱しそうですね。




バナー:ウェブ、グラフィック、そしてソーシャルなつながりをデザインする制作会社です

コメントを投稿