2015年11月18日水曜日

シェイクシャックとジャイロボードが、ソーシャルメディアから来る予感


http://www.shakeshack.jp


ニューヨーク発、世界10カ国で展開するハンバーガーチェーン『シェイクシャック』が11月13日にオープンしました。場所は外苑前のイチョウ並木、明治神宮外苑テニスクラブに隣接しているそうですから、とんでもなくリッチそう。マディソンスクエアパークにある自然豊かなシェイクシャック1号店を、引き継ぐような雰囲気ですね。
オープンには徹夜組も含め、400人が並んだとか。

私はいくつものネットメディアで読んでいましたので、それなりに話題性があるのも知っていました。運営しているのはスターバックスを日本で成功させたサザビーリーグですから、パブリシティがあらゆるジャンルのネットメディアで行われていたようです。


シェイクシャックは、ソーシャルメディアの話題をコントロール


それだけではなく、公式のソーシャルメディアアカウントも9月1日2日に開設されています。2ヵ月以上前からSNSで発信するなんて、なかなかありません。
また公式サイトでは[FANS]というリンクがあり、クリックするとサイト内に現在のFacebook、Twitter、Instagramの投稿が出てきます。

もっともFacebookはいいね!1861件、Twitterはフォロワー925人、Instagramはフォロワー3160人ですから、まったく大したことないのですが、これでいいのだと思います。Instagramには「キレイに撮ってね」と書かれていますし、Twitterにも似たようなツイートがあります。
エゴサーチしてRTやコメント付きのリツイートをしていますが、厳選しているのでしょう。オシャレなイメージを発信していますし、メニューだけではなく、ライフスタイルの一部として受け入れられたいのだと思います。
トートバックを作ったり、オープン前の応募で自転車をプレゼントしたりしています。


Facebookにも投稿されていますが、 応募はInstagramからです。
投稿自体もっとも活発なのは、やはりTwitterです。アクティブサポートではないですが、かなり絡んでいます。ただ個別のコミュニケーションだけで、大勢にリーチさせようとはしていないみたいですね。


公式サイトのInstagramのところには、#shakeshackjpnと#shackfanが書いてあるのですが、日本でやっているのは前者だと思います。
TwitterとInstagramで、渡辺直美さんと横澤夏子さんから、こんな投稿があります。




これパブリシティじゃなく、ふたりが本当に行列に並んで投稿したのかなと、ちょっと?が付きますが、こういう内容ならステマかどうかなんて関係なくなりますね(笑)
ちなみにローラさんは、オープン前に差し入れされたようです。



前に「テレビにあまり出ていないアイドルユニットは、すさまじい」「テレビにあまり出ていないお笑いタレントは、乗っかってくれる」なんて書いていますけど、言うまでもなく渡辺直美さんやローラさんは、とんでもないインフルエンサーです。
横澤夏子さんだって、売れて来たところで、ちょうど発信してくれるインフルエンサーとして旬かもしれないです。


いまのところ話題性は十分。だけど問題は、このあと。立地、メニュー、雰囲気、価格帯からして外苑前の1号店大人向けで、中高校生は来なさそうです。
話題性を続けるには、リーチの大きさじゃなくて#shackfanのように、コアなファンが勝手に発信し続けてくれるかどうかにかかっていそうですね。



ソーシャルメディアの話題で、これから売れそうなジャイロボード


私が初めて街中で見かけて、なんだろうと投稿したのは10月8日でした。それから2度、渋谷で目撃しました。




その後、Twitterで見かけて「ジャイロボード」という名称を知りました。いろいろ検索してみると、ソーシャルメディアでニッチな話題になっています。まさにコアなファンが生まれているようですし、投稿しやすい、しかも動画で出したくなる素材です。

shnさん(@_terashun_)が投稿した動画 -


そもそも有名人ではジャスティン・ビーバーが最初にInstagramに投稿したようですが、彼のファンだと手が届きにくい価格帯かもしれません。

私は話題性もさることながら、売りにまでつながっているのは、Skrillexの投稿だと思っています。
スクリレックスはダブステップと呼ばれるジャンルのアーティスト/DJです。EDM(Electronic Dance Musicの略)で最も売れているアーティストのひとりだと言われています。ダブステップやEDMって何?という方は、流行のダンスミュージックだと思ってください。

聴いているのはざっくりパーティピポーだと言っても、そんなに間違ってない。いや、でもEDMファンからは怒られるかもしれません(笑) 
フェスやクラブで踊ってるだけじゃなく、ファッションやメイクまで含めた自由な新しいユースカルチャーです。EDMは音楽だけではなく、周辺カルチャーも牽引する一大産業になっています。Forbesでさえ、こんな記事を書くほどですから。
世界で最も稼ぐDJ  “テイラー・スウィフトの恋人”が1位に

EDMの中心的存在であるスクリレックスは、ソーシャルメディアでも盛んに発信しています。スケボーをしている写真も多いのですが、その彼がジャイロボードでステージを動き回る写真やバックステージでの動画を投稿したのです。

skrillexさん(@skrillex)が投稿した写真 -

skrillexさん(@skrillex)が投稿した動画 -


ジャイロボードに関する話題が、現在どれぐらいTwitterやFacebookで投稿されているか、Yahoo!リアルタイム検索で調べてみました。


ご覧の通り、かなり少ないです。シェイクシャックと二桁違う投稿数です。でもシェイクシャックはこのあと二号店出店や新メニューが出たり、何か仕掛けなければなだらかに下降して行くだけかと思います。でもジャイロボードは、あくまでも想像ですが、徐々に上昇していくトレンドになりそうです。
投稿は少ないながらも、ポジティブな投稿だと買いたい、乗りたいがほとんど。ネガティブなものは、高いというものです。そう、高い。ざっと5万5千円から8万円といったところでしょうか。iPhoneじゃあるまいし、実用的なツールでもないものにやすやすと出せる金額ではありません。※公道では乗れません。
ところが私は逆に高くて非実用的で、まださほど知名度がないことが、マニアックな人たちの購買意欲をそそり、ソーシャルメディアの投稿ネタとしてだんぜん使えると思うのです。

売っているのはどこだと調べてみたら、渋谷にあるCANDY / FAKE TOKYO。かなり特異なストリート系のセレクトショップです。その店内で試乗もできるというツイートも出ています。


それほど拡散していませんが、オンラインショップではさらに柄物3色も出て、サイバー系のEDMからヒップホップのアーティスまで使いそうだ。そう思っていたら、TKO木下さんがTwitterで、11月15日にツイート。

そのジャイロボードを、こんどは中村アンさんがInstagramで動画で投稿。



これは予想以上に幅広い層にウケそう。
やっぱり、来ちゃいそうですね。


 株式会社イグジィット ウェブサイト

コメントを投稿