2012年6月29日金曜日

応援消費というモチベーション

昨日、ひさびさにCDを3枚買った。どれも輸入版。
ひさびさなのはどうしてかと考えると、そもそも私の欲しいのは、
ダウンロードで買おうと思っても、iTSでは扱ってない曲やアーティストだったりするし。
でもそれだけじゃなくて、新しい音楽が欲しいとあまり思わなくなった。
もしかしたら年齢のせいかもしれないし、
実質的に新しい音楽がないからなのかもしれない。

タワーレコード渋谷店の前を毎日通りながら、入ってみようかなとさえ思わなくなってたんだけど、
昨日はローリングストーンズのロゴを使ったセールのポスターに誘われて、
ついつい入ってしまった。

もしかして、価格じゃないと惹かれない? 
そういえばルミネや伊勢丹が、セール時期の悪循環を正常化しようとしてる一方で、
ほとんどの路面店が6月上旬からセールをしてた。















入ってから、もしかしてと思ってThe Teddybearsを探してみたら、セカンドアルバムがあった! 
あれ? セカンドはタワーレコードでは扱わないと聞いてた。
Amazonで輸入版が買えると元タワーレコードの社員からSNSで教えられて。
AmazonでCDを買ったこともあるけど、なんかなぁ。
音楽をAmazonで買うのは、ラーメンをレストランで食べるような違和感が、私にはある。
それから1年以上経ってるけど、でも間違いなく、タワーレコードに置かれてた。


セカンドが出た時の、買いたい!! っていう衝動はなくなってるけど、そもそも日本版では出ていなくて、
“タワレコメン”にしてタワレコがプッシュしてたはずなのに、セカンドを扱わないということは、
よっぽど売れなかったんだろうなと思ってた。
ところがそれを発見した時の、喜び。
喜びもあるけど、むしろ応援したいという気持ちの方が大きいかも。
それで他のアーティストもあわせて3枚買ったんだから、間違いなく応援消費でしょう。


The Teddybearsに対しても、タワーレコード渋谷に対してもね(笑)






コメントを投稿